引き続きおんなじプログラムを戻れば

今日は正午食べ物用のパンを買いに行くついでに散歩。
張り切ってベーカリーさんをめぐってみると、
時間が早すぎてお目当てのパンはまだまだ焼けていませんでした。
なので、時間を稼ぐためにちょこっと遠くまで歩いて、また戻ることに。

近頃始めた散歩ですが、おんなじプロセスばかりで飽きてきたので今回はいつもと違うプログラム、
ベーカリーさんを通り過ぎてずっと先まで心がけることにしました。

うちの近所は坂道ばっかりなのですが、ベーカリーさん界隈は割と平坦で駆け抜け易い。
いい気になって次々歩いていたら、いつの間にか全然知らない場所に出ていました。

引き続きおんなじプログラムを戻れば良かったのですが、よせばいいのに違うプログラムを通りたいあたし。
一本奥のプログラムを戻ろうといった道路に入ったのが罪でした。

自分がこちらという道順に歩いていたのに、いつまで経っても見知った地方にたどり着きません。
帯同を忘れて絵図を確かめることもできず、歩いても歩いても知らない景色。
とはいえ歩いてたどり着ける射程ですから、精々持ち家から数量隔たり程度の筈なのですが、自分の道順下手を思い知らされました。

散々迷ってはじめて元のプログラムに戻ってきた頃には歩きがブラブラ。
かりにパンだけ買って這うようにして家に戻りました。
スポーツにはなりましたが、疲れすぎて一日うんざり。
道順下手なあたしは、散歩に行く時は帯同を絶対に忘れないことを心に誓いました。成長期応援飲料で話題のアスミール